• ホーム
  • まつげ育毛剤ルミガンに副作用はあるの?安全に使うための方法は?

まつげ育毛剤ルミガンに副作用はあるの?安全に使うための方法は?

2020年05月16日
笑顔の美人

医療用のまつげ育毛剤の中でも人気が高いルミガンではありますが、他の一般的な医薬品と同様に副作用を起こす可能性があることに注意が必要です。承認申請時の臨床試験の結果では、患者のおよそ80パーセント程度の人に何らかの副作用が発現しており、その中でも特に多く認められている症状はまつ毛の異常でした。その他に現れた症状としては結膜充血や瞼の色素沈着、虹彩色素沈着や目の痒みや角膜のびらんなどで、そのほとんどが目とその周囲に生じる局所的な症状です。

ルミガンの副作用の多くは比較的軽症で正しい対処をして少し時間が経てば治癒するものですが、副作用の中でも特に気を付けなければならないのが虹彩色素沈着という症状です。この症状は一般にあまり知られていない症状ではありますが、メラニンが増加することによっておこる副作用の一種で、色調が変化したり目の周囲の多毛化があらわれたりする可能性があります。虹彩色素沈着が見られた場合にはすみやかにルミガンの使用を中止する必要があり、ほとんどの症状はやがて消失するものの、虹彩に起こってしまった色素沈着は投与中止後も消失しない可能性があるので注意が必要です。

このようにまつげ育毛剤のルミガンには複数の副作用が存在しますが、どのような薬にも効果とは反面副作用があるのはしょうがいないことなので、できる限り安全に使用するように心がける必要があります。安全に使用するためのポイントとしては、まずは正しい使用方法を知り間違った使い方で使わないことです。ルミガンをまつげ育毛剤として使用する際には、ブラシを使ってまつ毛の生え際に塗って使用するのが正しく、目に点眼してはいけません。また、ブラシで塗布する際には周辺の色素沈着を避けるためにできるだけまぶたにつかないように気を付けましょう。

まつげ育毛剤の方のルミガンを投与するときの副作用として色素沈着が有名ですが、そのリスクをできるだけ減らすコツとしては、ブラシで塗布する前にあらかじめワセリンなどの軟膏をまぶたに塗って薬液が誤ってついてもはじいて浸透しないようにすると効果的です。とはいっても、どれだけ気を付けていても副作用が出るときは出てしまうので、いつもとは少し違ったことや気になる症状がある場合にはすみやかにかかりつけの病院を受診することが大切です。長期的に使用しているからと油断せず、安全に使用するために定期的に眼科の検診を受けるようにしましょう。

関連記事
まつ毛育毛剤の副作用である色素沈着は使用をやめると治りますか?

まつ毛育毛剤を使用するうえで出る可能性のある副作用の一つとして色素沈着がありますが、この色素沈着はまつ毛育毛剤の使用をやめると治るのかどうか気になっている人は多いでしょう。せっかく美容のためにまつ毛育毛剤を使用しているのに、副作用の色素沈着を起こして目の周辺が黒っぽくなってしまうのはとても心配です。...

2020年06月05日
ルミガンはもともと緑内障の治療薬として使用されていました!

ルミガンは最近まつ毛の育毛剤として注目されている薬剤ではありますが、初めて販売されたときには緑内障という異なる病気の治療薬として売られていたのをご存知でしょうか。緑内障とは、眼圧が通常よりも高くなることによって目の神経に異常が起こって視野や視力などに影響がでる病気であり、あまり目立った自覚症状がない...

2020年07月12日
まつ毛を長く、ボリューミーにできるルミガンの使い方が知りたい!

ルミガンはまつ毛をより長くボリューミーにすることができる医薬品ではありますが、正しい使い方を知らないとその効果を十分に発揮することが出来なかったり、思わぬ副作用を引き起こしてしまったりするので注意が必要です。そこで、ルミガンの正しい使い方を簡単に説明します。まず初めに基本的なことではありますが、しっ...

2020年06月22日
まつげ育毛剤のルミガンとジェネリックに効果の違いはあるの?

まつげ育毛剤には、ドラッグストアなどで購入することができる一般用医薬品のほかに、ルミガンという製薬企業が販売している医療用の医薬品が存在します。まつ毛の量が少なかったり長さが足りなかったりすることに悩みを抱える女性はまつげ育毛剤を使用する場合がありますが、最近では医療用のより効果が高いまつげ育毛剤を...

2020年05月01日
つけまつ毛とまつ毛育毛剤にかかる費用ではどちらがコスパに優れている?

まつ毛のボリュームを増やしたり長くしたりしたい人は、つけまつ毛やまつ毛育毛剤を活用する場合が多いですが、それぞれを使用した場合にどちらが費用面で優れているのかを考えたことがあるでしょうか。美容には何かとお金がかかり、顔だけではなくて体の脱毛やヘアサロンでのヘアカットなど全身で合わせると毎月かなりの出...

2020年04月21日